気になる部分をカバーする着こなし術

お腹周りが気になるならウエストをマーキング

ファッションにおける逆説的な発想では、気になる部分はあえて見せてしまうことで、体型をカバーすることができます。特に、ぽっちゃり体型の人はお腹周りが気になって隠そう隠そうとしてしまいがち。そうするよりは、あえてウエストをマーキングすることができるボトムスを選ぶことにより、ウエスト周りをスッキリと見せることができるのです。着こなしのコツとしては、太めのベルトを活用したり、ウエスト部分に紐がついていて、リボン結びができるタイプのボトムスを合わせることです。加えて、ウエストをきれいに見せるためには丈の短いトップスを合わせるか、もしくは、ゆったりとしたブラウスやTシャツであればボトムスにインするようにしましょう。

胸の大きさが気になるならシフォン素材でカバー

胸が大きいのが気になる場合には、柔らかいシフォン素材で体のラインをぼかすという着こなし術があります。ピッタリとした洋服や襟ぐりの大きなトップスというのは、胸の大きい人には鬼門となってしまいがち。そうならないためには、シフォン素材のトップスを上手く活用することです。例えば、キャミソールやタンクトップの上からふわりと羽織れば、体のラインを上手くぼかし、カバーすることが可能です。また、胸の大きい人は、ボートネックのシフォンのブラウスを着用すれば胸の周りが窮屈に見えません。このように、洋服の素材をピッタリとしたものではなく、柔らかい素材のものにすることで上手く体型をカバーしながらおしゃれを楽しむことができますよ。